本文へ移動

入野こども園

園長ご挨拶

園長 中村勝彦
入野こども園は、昭和47年1月6日に入野ベビーホーム(無認可)として開園し、昭和53年4月1日より入野保育園として認可され、子ども達が就労等の事情で分け隔てなく入園できるように、平成27年4月1日より幼保連携型認定こども園として再スタートしました。
子ども一人ひとりに寄り添った保育を行い、子ども自らの育ちを大切にしています。無限の可能性のある子供たち、様々な体験ができるようにしています。
また、こども園は子ども達にとって学び舎であるとともに第2の家でいられるように、温かい雰囲気の中で、子ども達が笑顔で安心して来られる園にしていきたいと思います。
 

お知らせと新着情報

子ども達の未来への軌跡

RSS(別ウィンドウで開きます) 

1月の壁面 すみれぐみ

2023-01-31
一月の壁面は、今年の干支であるうさぎを作って飾りました。
製作の前には、子どもたちに干支を知ってもらう為に干支の絵本を読みました。まだピンとこないような子もいましたが、「次はたつを作るの?」「羊もいるの?」などと、干支に興味を持った様子の子どもたちでした。
うさぎの体には、毛糸の紐通しをしていきました。一人一人様々な通し方をした為、個性豊かな毛並みのうさぎに。顔ののり貼りでも貼り方に個性が見られ、困ったような顔やニコニコな顔、驚いたような顔が出来上がりました。出来上がったうさぎを見て「これは僕のだ」「これが◯◯ちゃんのだよ」と指をさしながら教え合う子どもたち。とても可愛いうさぎに見守られて、毎日温かな気持ちになれています。

ゆりぐみの1週間(1/16~1/20)

2023-01-30
1月16日(月)
クラスで誕生会をしました。司会やインタビュー係さんが誕生月の子に将来の夢や好きなものを聞いたり楽しく誕生会ができました。
今、カプラを使って入野こども園を作っています。「入野こども園はどんな形だったかな?」とこの前散歩に行って見てきた形を思い出して協力して作っています。友達の良い意見を聞きながら、自分の意見も言い、さらによくしようと子ども同士で話し合う姿も見られます。
 
1月17日(火)
まだまだ、縄跳びブームが続いているゆり組では繰り返し行なっているうちにだんだん跳べる回数も増えてきました。最初は10回がやっとでしたが今では友達と競い合い60回まで続けて跳べるようになってきました。回数が跳べるようになると色々な技にも挑戦したくなり、後ろ跳びやあや跳びもやっている子がいました。
 
1月18日(水)
体育教室で壁づたいに逆立ちをしました。壁をつたって登っていくのは難しかったですが、手や足に力を入れて頑張って登っていました。その後はSケンをしました。講師の先生の話しをよく聞いてルールを理解し遊べていました。さらに鬼に捕まらないように1人が鬼を惹きつけている間にもう1人がお宝のボールを取りに行く作戦を思いつき、やっていました。
 
1月19日(木)
鏡を見て自分の顔を描きました。いつも何気なく見ていた自分の顔ですが鏡をよーく見ると目や鼻の形や肌の色など新しく発見することがたくさんありました。髪型までこだわって描いている子もいました。
 
1月20日(金)
クラスみんなで関わりながら遊ぶことが一層楽しくなってきたゆり組ではドッジボールや鬼ごっこなどを楽しんで行っています。ドッチボールでは以前まではボールの取り合いになることが多々あったのですが、繰り返し行なっていくうちに譲り合う様子や「ジャンケンしよう」と自分達で解決しようとする様子がでてきました。
誕生会
カプラ
縄跳び
体育教室
自分の顔

ひまわりぐみの1週間(1/16~1/20)

2023-01-30
1月16日(月)
感染症対策の為、各クラスで誕生会を行いました。ひまわり組の今月の誕生児は一名です。みんなの前に立つことに少し緊張していましたが、質問にはしっかりと答える事が出来、友達からの「おめでとう」の言葉と歌のプレゼントに素敵な笑顔で喜ぶ姿を見せてくれました。
 
1月17日(火)
グリーンプールへ行ってきました。ヘルパーを付けてビート板を持ち、1人でバタ足が出来るようになってきた子が増えている中、得意な子はヘルパーを外して行う事に挑戦しました。「少し怖い」「出来るかな」と不安もあるようですが、出来た時の達成感が自信に繋がり、「もう一回やってみる」と言い頑張る姿や友達に刺激を受けて「頑張ってみる」と挑戦する時の真剣な表情から日々成長を感じています。苦手意識のある子も「これは怖いからやめとく」と自分と向き合いながら無理のないよう進めています。
 
1月18日(水)
音楽遊びを行いました。「ピアニカ早くやりたい!!」ととても楽しみにしていた子ども達。指の体操をした後に「とんとんとんとんひげじいさん」の曲に合わせてドレミの指使いを確認しました。始めは「ド」の音を親指で鳴らすことが難しい様子でしたが、繰り返し行う内にスムーズに「ド、レ、ミ」と指を変え、鳴らせる子が増えていきました。
 
1月19日(木)
「全然寒くないよ〜」と元気いっぱいの子どもたち。戸外では友達と鬼ごっこを楽しんだり滑り台や鉄棒、ジャングルジムで体を動かす姿が多く見られました。滑り台では小さな子が滑るのを躊躇う姿が見られた為様子を伺っていると、「一緒に滑る?」と優しく手を差し伸べ、何度も楽しそうに滑る2人の様子に心温まりました。
 
1月20日(金)
感染症が流行っていてお休みする子が多かったひまわり組。「今日も沢山お休みの子がいるね」「早く元気になって欲しいね」と声が聞かれます。
わくわくひろばに向けてカプラで街を作ったり、「はないちもんめ」や「氷ボール」等集団遊びを友達と一緒に楽しみました。「こっちは僕がやるからそっちは任せた!」「〇〇ちゃん絶対勝ってね!」「〇〇ちゃんパス!」等と協力したり応援し合う姿や声掛けが増えています。
誕生会
音楽遊び
戸外遊び

ちゅうりっぷぐみの1週間(1/16~1/20)

2023-01-30
1月16日(月) 
風船を使い、羽付きを楽しみました。2人組になり「一回ずつ打つんだよ」と言うルールでしたが風船を追いかけてどこまでも走っていく子が多かったです。しかし「手でやるより羽子板で打つ方がやりやすいよー」いう発見をしたり楽しんで行うことが出来ました。最後に2人組で風船を挟んで運んだり協力して行う競争をしました。相手の事を考えながら運ぶことは少し難しかったけど少しずつ理解できるようになって欲しいなと繰り返し様々な経験をしていきたいです。
 
1月17日(火) 
椅子を丸く並べ、なんでもバスケットをしました。真ん中の人がお題を出し、自分がそれに当てはまったら席を移動すると言うルールの中で、保育者がお題を出していると、「次はウルトラマンにして」「次はゴジラにして」と、自分達の好きな話題も出てきて、ルールを理解できてきた子は「〇〇ちゃん動いてー!」と、友達に教えてあげる姿も見られました。また、「なんでもバスケット」とお題が出ると全員が移動しなくてはいけないのでとても盛り上がっていました。、ルールを理解している子と理解していない子、様々でしたが、何回か遊んでいく中で少しずつルールを覚えていけたらいいなと思います。
 
1月18日(水) 
体育教室がありました。マットの上を四足歩行したり、お芋になりきってコロコロと転がったり、前転に挑戦したりしました。講師の先生に援助してもらいながら続々と前転をしていくちゅうりっぷさん。少し前転に恐怖心がある子もいましたが、講師の先生の魔法の手によりいつのまにか楽しく行うことが出来ました。最後は子どもたちが大根になりきってマットに捕まり、先生たちが大根を抜くと言うゲームをしました。力いっぱいにマットにしがみつき自分は抜けないんだ!と必死に頑張っていました。
 
1月19日(木) 
英語がありました。「Five Little Monkeys」の絵本を見ながら音楽に合わせて一緒に歌いました。ベットでジャンプする猿達を「ダメだよねー」と言いながら絵本を見ていました。最後にお母さん猿がジャンプしてしまうところでは大笑いで「怪我しちゃうよー」と言いながら見ていました。その後外でたくさん遊びました。
 
1月20日(金) 
静電気の実験を行いました。以前から手にくっついてビニール紐が取れなかったり手を繋ごうとしたらバチッとなる事が「なんで??」と不思議がっていた子供達。静電気の本を見ながら実際にやってみました。下敷きで擦ると髪の毛が立ったり、ティッシュで擦った風船が髪の毛にくっついたり下敷きに折り紙がくっついたり…驚いたり笑ったり大発見の1日でした。
風船羽根つき
風船運び
なんでもバスケット
体育教室
英語教室
静電気の実験

氷 さくらぐみ

2023-01-27
最近は冷え込みが一層厳しくなり外で遊べる時間も限られています。24日の夜には雪が降っているところもありました。天気予報では、25日はこの冬1番の冷え込みになると予想されていました。そこで、24日に水の入ったペットボトルやバケツを一晩外に出しておくと次の日寒さで少し凍っていました!
朝、子ども達に見せると「おー」と不思議そうにペットボトルを覗き込んでいました。たらいに凍らなかった水を出しその水に触ってみるとひんやりとしていて「わー!」「冷たいね」という反応が見られました。ペットボトルの中には氷が残り、振ってシャカシャカという音を聞いたり、キラキラと光る氷を見て楽しみました。

入野こども園外観

 白とピンクの外壁が目印の建物です。新幹線が良く見え『ドクターイエロー』が通ると、園児は大喜びします。園庭の他に菜園と菜園ひろばがあり、自然と親しめる環境作りがしてあります。
当園の主な年間行事をご紹介します。
※行事前は、変更になる場合もあります。その際は事前にお知らせします。
●4月
入園進級式
●5月
夏野菜の苗植え
●6月
歯と食の元気アップ教室
●7月
交通安全教室
●8月
中高生保育体験
●9月
運動会
●10月
お月見会
●11月
キッズフェスティバル
(よさこいエイサー琉球王)
 
キッズフェスティバル
(桜月夜の桜姫)
●1月
創立記念祭
●2月
節分
●3月
卒園式

主な年間行事

子どもたちが楽しんで参加できる年間行事を計画しています。日本の伝統や自然の恵みに感謝する心が養われます

★春の行事

入園・進級式/遠足/内科検診/個人面談(0~2歳児)/歯科検診/保育参観(3~5歳児)/時の記念日会/視力検査(3~5歳児)

★夏の行事

交通安全指導/総合防災訓練

★秋の行事

運動会/内科検診/社会見学(3~5歳児)/七五三(2・4歳児)

★冬の行事

キッズフェスティバル(発表会)/創立記念祭/豆まき会/わくわくひろば(作品展)/ひなまつり会/卒園遠足(5歳児)/公開プール/修了式/卒園式

★その他の行事

※毎月…発育測定 避難・消火訓練(9月・11月は総合防災訓練) 誕生日会
※育児講座・育児相談
※お年寄りとの触れ合い(静光園・こうこうの里訪問)
※クッキング保育・ぽかぽかレストラン・テーブルマナー
※わくわくタイム

アクセスマップ

社会福祉法人 白百合明光会
☆入野保育園
静岡県浜松市西区入野町10824-1
TEL:053-401-1004
FAX:053-401-1004
 
☆入野こども園
静岡県浜松市西区入野町10827-1
TEL:053-448-1026
FAX:053-448-1029
 
☆たかつか光こども園
静岡県浜松市南区高塚町2312-16
TEL:053-449-8000
FAX:053-440-8080
TOPへ戻る