本文へ移動

入野こども園

園長ご挨拶

園長 中村勝彦
入野こども園は、昭和47年1月6日に入野ベビーホーム(無認可)として開園し、昭和53年4月1日より入野保育園として認可され、子ども達が就労等の事情で分け隔てなく入園できるように、平成27年4月1日より幼保連携型認定こども園として再スタートしました。
子ども一人ひとりに寄り添った保育を行い、子ども自らの育ちを大切にしています。無限の可能性のある子供たち、様々な体験ができるようにしています。
また、こども園は子ども達にとって学び舎であるとともに第2の家でいられるように、温かい雰囲気の中で、子ども達が笑顔で安心して来られる園にしていきたいと思います。
 

お知らせと新着情報

子ども達の未来への軌跡

RSS(別ウィンドウで開きます) 

小麦粉粘土 さくらぐみ

2022-09-21
9月20日(火)
小麦粉粘土で遊びました。
保育教諭がみんなの前でサラサラとした小麦粉に水を加え混ぜると、次第に粘土の状態に。その様子を不思議な表情で見つめる子どもや「わぁ、すごい」と心弾ませる子の姿もありました。
小麦粉粘土が分けられると、手で感触を味わいながら丸めたり、ちぎったり、こねたりして遊びました。保育教諭が作ったケーキにも「おいしそう」「ハッピーバースデイ」と口ずさむ姿が見られ微笑ましかったです。
型で形をくり抜く子、ちぎってケーキや顔のような形を作る子、色の異なる小麦粉粘土を混ぜて色の変化を楽しむ子など、子どもによって遊び方は様々でした。最初は恐る恐る指先で触っていた子も次第に手のひら全体を使い握りしめる姿が見られ楽しんで遊ぶことが出来ました。
お土産の小麦粉粘土も「お家の人とやるんだ」「見せてあげるんだ」と喜ぶ子ども達でした。

ゆりぐみの1週間(9/12~9/16)

9月12日(月)
運動会の練習で障害物競走を行いました。低い姿勢になって網をくぐるのが難しく、引っかからないように気をつけながら通ったり、ハードルコーンを両足揃えてジャンプすることに気をつけたりして取り組んでいました。

9月13日(火)
クッキング保育がありました。給食の先生に調味料のさしすせそ(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)を教えてもらいました。味見をして気に入った調味料を、少しずつ入れて混ぜ合わせ、オリジナルのソースを作りました!きゅうりにつけて食べると「砂糖を入れたからあま〜い!」「酸っぱい!お酢入れ過ぎちゃったかな?」と嬉しそうに感想を言い合っていました。

9月14日(水)
郵便屋さんに敬老の日のハガキを出しました。「お願いします!」とみんなで言うと「おじいちゃんおばあちゃんに届けるね!」と言って受け取っていただきました。おじいちゃんおばあちゃんの元へ届くのが楽しみになりました。
製作では鉛筆に画用紙をくるくる巻き付け葡萄を作りました。最初は苦戦していた子もコツを掴み、巻きやすい方法を見つけていました。持っていた画用紙が無くなると「もっと、ぶどう作りたい!」という声も聞こえました。

9月15日(木)
音楽遊びでボディパーカッションをしました。最初は海の生き物の名前に合わせて手を叩きました。「タツノオトシゴ」「カクレクマノミ」の長い名前や、「カメ」「タコ」の2文字のリズムを取るのがおもしろかったようでした。うさぎとかめや浦島太郎の音楽に合わせたり、おしりやお腹などのアクションを増やすとグッと難易度が上がりましたが、頑張って取り組む様子が見られました。

9月16日(金)
久しぶりの縦割り保育でしたが子ども達元気に活動をする事が出来ました。前に行った遊び「ホット•ポテトゲーム」をアレンジする事で遊びがとても盛り上がりました。その後、バナナ鬼ごっこで体を思いっきり動かし、捕まった子は、「バナナー」と言って皮を剥き鬼ごっこを楽しみました。
クッキング保育
ぶどうの製作
ホット・ポテトゲーム

ひまわりぐみの1週間(9/12~9/16)

2022-09-20
9月12日(月)
「ぐーぴたぴん」と良い姿勢を意識して食事をしています。机とお腹の間にはグー1個分のスペースが空いているかな?足は揃っているかな?背中が伸びているかな?と子どもたち同士で確認する姿も見られます。又、お皿の配置も覚えてきて自分達で並べられるようになってきました。苦手な物でも少しずつ挑戦出来るよう暖かい雰囲気の中で食事が出来るよう心掛けています。
 
9月13日(火)
グリーンプールに行ってきました。新たに水中飛び込みに挑戦!大プールでは初めて行う為「怖い」と足がすくんでしまうのもいましたが、抱っこで入ったり、お友達に促され飛び込み出来る子もいました。「大丈夫だった」「出来た」と笑顔も見られましたが、出来たという自信が新たな事に挑戦する意欲に繋がると良いなと思います。
 
9月14日(水)
書道では「に」を書きました。最初の一枚は書き順が分からず、間違える子や墨をつけすぎて字に墨が溜まっている子もいましたが、講師の先生に書き順を教わり、正しく書けるようになりました。又、墨のつけすぎにも気をつけることができました。
その後ホールでは、ケンケンパとハードルの練習をしました。ハードルを両足で跳ぶことが怖くて立ち止まる子も何人かいましたが、保育教諭が一緒に手を繋いだり、片足ずつ跳ぶ練習を繰り返すことで少しずつ恐怖心がなくなるといいなと思います。

9月15日(木)
楽器遊びでは「虫の声」「山の音楽家」に合わせて楽器を鳴らしました。秋の虫にはどんな虫がいるか話をすると「コオロギ」や「すずむし」はすぐ出てきました。他にもクツワムシやウマオイ、マツムシがいることを伝えると「どんな虫なの?」と興味津々の子供たち。絵を見せると「似てるところがある!」と発見していました。虫に音をつけるとリンリン、チンチロリン等様々な音がして更に楽しめました。

9月16日(金) ぶどうグループ
朝、縦割り対抗で玉入れの練習をし、入った玉の数が少なかったぶどうグループさん。どうやったらたくさん入ると思う?と問いかけると「いっぱい投げる」「狙いを定める!」など色んな声が聞こえました。みんなで話し合った結果、一個ずつカゴを狙って下から投げるのが良いと分かったので早速秘密の特訓を行いました。
最初はカゴに入らなかった子も、カゴの中に入れることを意識して下から玉を投げる事で上手に入れることができました。次の玉入れ対決での目標22個に向かって頑張ります。
食事の様子
書道教室
楽器遊び
縦割り保育

ちゅうりっぷぐみの1週間(9/12~9/16)

2022-09-20
9月12日(月) 
お箸の練習の為にあけ移しを行いました。はじめに指の体操を行ってからフォークを3本指で持つ練習をしました。お箸もフォーク同様に持ち指を動かし指の力を鍛えました。その後、はじめに練習をしたフォークであけ移しを行いました。あけ移しでは、動物の口に上手に食べ物を運ぶ姿や夢中になって取り組む姿が見られました。まだまだ上手持てない子が多いので意識して指を動かす活動を取り入れていきたいと思います。
 
9月13日(火) 
水遊びを行いました。グリーンプールより小さく水位も低いので苦手な子も怖がらずにバタ足をしたり、ワニ泳ぎをする事ができました。水の掛け合いもダイナミックになってきて周りにいる保育教諭もびっしょりになるほどでした。玩具を使い始めるとお店屋さんのように並べて「いらっしゃいませ」とお店が始まり「これください」とお客さん役になって買いにくる子もいたりしてやり取りを楽しんでいました。
 
9月14日(水) 
楽器遊びを行いました。1番人気はやはり太鼓でしたが、順番を守ってみんなで行う事が出来ました。「山の音楽家」や「お返事遊び」の歌に合わせて「たんたんたんたん」のリズムに挑戦しました。「りんご」と唱えながら叩くと上手にリズムを打つ事ができました。カスタネットやタンバリンを使って賑やかに演奏しました。最後にシンバルに触れ、シンバルの音や使い方を知りました。
 
9月15日(木) 
英語終了後、どろんこ遊びを行いました。恐竜の絵本を見た影響もあってか、「恐竜の卵作ろう」と声が上がると「じゃあ火山も作ればいいじゃん」「ティラノサウルス作れるかなー」「恐竜の世界作ればいいねー」と盛り上がる子ども達。泥団子を作り、「恐竜の卵できたよー」と見せてくれたり「火山作る!」とみんなで泥山を作ったりして楽しみました。そうしているうちに全身泥まみれ。「こうなったら泥まみれになっちゃう」と言った様子で全身に泥を塗っている子もいました。開放的で楽しい泥遊びになりました。
 
 
9月16日(金) いちごグループ
少しずつ世界の国の名前や場所を覚えてきたいちごグループの子どもたち。イタリアのだるまさんが転んだのルールを教えると「いつもやっているのと違う」と気づきました。「だるまさんがころんだ」の「だ」にあたる「ステッラ」の部分で、鬼は振り向いて動いた人を見つけます。日本と違うのは動いているのを見つかった人はスタート位置まで戻ります。初めて聞く、言葉やルールに「早くやって見たい!」とわくわくしていました。いざ始めるとルールを理解した子が多く、早く走ったり動かないように固まったりと楽しんで遊べました。その後は、イタリアの周りのヨーロッパの国について本を見て料理や服装を見ると「これ知ってる食べたことある」などたくさんの声が子どもたちから聞かれました。
 縦割り保育の後は待ちに待ったポカポカレストランへ。いつもとは違い、レストランになったランチルームへ。配膳もお給食の先生がいつもとは違ったエプロンで店員さんになり配膳してくれます。「いつもより100倍美味しかった」とあっという間に完食している子もいました。
箸のあけ移し
水遊び
楽器遊び
どろんこ遊び
縦割り保育
ぽかぽかレストラン

ゆりぐみの1週間(9/5~9/9)

9月5日(月)
戸外で初めて大玉転がしをしました。ホールとは異なって距離が長くなり、横に行ったり下から押すはずが上から押したりと思い通りにいかない子が多く、大玉を転がすことが精一杯のようでした。自分でコツを掴んだり友達からアドバイスをもらったりしながら転がすことに慣れていきたいと思います。
 
9月6日(火)
グリーンプールへ行きました。プールではだんだんレベルアップしていき、ビート板なしの蹴伸びやバタ足も挑戦しました。ビート板がないと思うように進まず、苦戦していましたが何度か行ううちに少しずつできるようになってきました。顔付けも最初5秒だった子は10・20秒とできるようになってきました。
 
9月7日(水)
体育教室では、跳び箱の跳び方の基礎を行いました。難しいと感じている子たちも1・2段の跳び箱を繰り返し跳んでいるうちに跳び方がわかってきました。また、1・2段の跳び箱が跳べた成功体験がやる気へとつながり次も「やってみたい」「もう一回やりたい」と何回も行う姿が見られます。
 
9月8日(木)
お月見の製作を行いました。クレヨンで三方や兎を描き、画用紙で月や団子を描いて切りました。三方にバランスよく乗せられるように考えながら6個丸を描く子がいました。下に垂れるように実るススキは歯ブラシに絵の具を付けて色付けました。完成した絵を友達と見せ合い、「兎がかわいいね」「流れ星も飛んでいるね」と話す姿も見られました。
 
9月9日(金)
誕生会を行いました。9月生まれのお友達、お誕生日おめでとうございます!名前や将来の夢をかっこよく発表する事ができました。その後はお月見会がありました。ステージにはお月見団子や葡萄、マスカット、林檎、さといもなどの秋の食べ物が置いてあり、興味津々で見るゆり組さんでした。ゆり組とひまわり組はお月見の製作も発表しました。どれも個性豊かで素敵でした!
大玉ころがし
体育教室
製作
製作
誕生会・お月見会

入野こども園外観

 白とピンクの外壁が目印の建物です。新幹線が良く見え『ドクターイエロー』が通ると、園児は大喜びします。園庭の他に菜園と菜園ひろばがあり、自然と親しめる環境作りがしてあります。
当園の主な年間行事をご紹介します。
※行事前は、変更になる場合もあります。その際は事前にお知らせします。
●4月
入園進級式
●5月
夏野菜の苗植え
●6月
歯と食の元気アップ教室
●7月
交通安全教室
●8月
中高生保育体験
●9月
運動会
●10月
お月見会
●11月
キッズフェスティバル
(よさこいエイサー琉球王)
 
キッズフェスティバル
(桜月夜の桜姫)
●1月
創立記念祭
●2月
節分
●3月
卒園式

主な年間行事

子どもたちが楽しんで参加できる年間行事を計画しています。日本の伝統や自然の恵みに感謝する心が養われます

★春の行事

入園・進級式/遠足/内科検診/個人面談(0~2歳児)/歯科検診/保育参観(3~5歳児)/時の記念日会/視力検査(3~5歳児)

★夏の行事

交通安全指導/総合防災訓練

★秋の行事

運動会/内科検診/社会見学(3~5歳児)/七五三(2・4歳児)

★冬の行事

キッズフェスティバル(発表会)/創立記念祭/豆まき会/わくわくひろば(作品展)/ひなまつり会/卒園遠足(5歳児)/公開プール/修了式/卒園式

★その他の行事

※毎月…発育測定 避難・消火訓練(9月・11月は総合防災訓練) 誕生日会
※育児講座・育児相談
※お年寄りとの触れ合い(静光園・こうこうの里訪問)
※クッキング保育・ぽかぽかレストラン・テーブルマナー
※わくわくタイム

アクセスマップ

社会福祉法人 白百合明光会
☆入野保育園
静岡県浜松市西区入野町10824-1
TEL:053-401-1004
FAX:053-401-1004
 
☆入野こども園
静岡県浜松市西区入野町10827-1
TEL:053-448-1026
FAX:053-448-1029
 
☆たかつか光こども園
静岡県浜松市南区高塚町2312-16
TEL:053-449-8000
FAX:053-440-8080
TOPへ戻る